画像処理 

3D/CGを自由に扱える事で、今までのカメラワークでは不可能な事が 飛躍的に可能になりました。
その事に最も脅威を感じているカメラマン自身が、 今度はそれを武器に新たな写真の世界をきりひらきます。


臨場感あふれるパノラマ写真の撮影も可能です。
HP上でのムービー素材など、様々な利用が考えられます。


カメラマンが写真を撮影から入稿まで自由に操る時代です。
画像処理が入る事を前提に撮影する為、今ある背景素材との違和感を最小にとどめ、 陰影や映り込みをよりリアルにカメラマンの視線で作成します。


CAD図を見本としてリアルな架空建築写真を作成致します。
カメラマンによる視点で素材撮影と画像処理する事により作業効率を高めコストを抑えまた1枚の写真画像に責任を持つ事によりクオリティの向上に大きく貢献いたします。
モデルハウス等の建設なしに販促の素材として、あるいは竣工に先がけての告知等にご利用頂けます。

作品の転載・複製・再配布による使用などは固くお断り致します。